武功余話

ノンアフィ下ネタ多めの個人ブログ

浅井長政ワンチャンあった説

浅井長政。信長の妹で絶世の美女とされるお市を嫁に貰い織田家と同盟を結んだが信長の朝倉攻めで急遽裏切った男である。

 

だいたいの作品で小国の主の美男と描かれるが、実際近江(滋賀)は全国でもトップクラスの77万石の超大国である。

 

あの中大兄皇子も大津に都を建てたほど恵まれた場所なのだ。

 

その近江の半分を支配する浅井長政は少なくとも30万石~40万石はあったはずである。

 

めっちゃ強いイメージの今川義元が70万石程度だからその半分近くの中堅勢力なのだ。

 

では二つの意味でワンチャンあった説を唱える。

 

まず浅井長政が織田を裏切らず朝倉攻めに参加し以降も織田と同盟を結び続けたとしよう。

 

信長は身内には甘いので妹の旦那の長政には近江の全土の支配を許された可能性がある。

 

すると近江一国だけで全盛期の今川義元よりも強い勢力となるのだ。

 

そして本能寺の変が予定通り起きたとする(唐突)

 

義理の兄が殺されたのだから当然信長の仇討ちを名文に長政は挙兵するだろう。

 

むしろ秀吉なんかよりよほど総大将にふさわしい。親戚やし京都に近いし。

 

秀吉がわざわざ中国大返ししなくても近所の親戚が討伐すればいいのである。

 

近江77万石なら2万人は動員出来るし、明智軍は1万人程度だから普通にやれば長政が勝つ。

 

明智を撃破したのだから史実の秀吉みたいに権力を握れる可能性がある。

 

そのまま京都に入り、恩賞として明智領を貰ったとしよう。

 

京都山城、明智の丹波、近江を支配したとしてざっくり120万石(年商1000億くらい)近くの巨大勢力である。

 

しかも京都付近で100万石と田舎で100万石では価値が違うのだ。

 

全盛期の伊達政宗が120万石くらいやけど東北から天下をとるのは不可能。

 

武田信玄上杉謙信ですら京都から遠かったため覇を唱えれなかった。

 

でも浅井長政は京都から近い上に信長の親戚やからね。

 

まぁ浅井長政が近江完全支配してたら明智光秀はビビって本能寺起こしてないと思うけど。

 

いや本能寺的なこと浅井長政がしていたかもね。

 

もう一個は普通に朝倉義景が本気で戦ってたはワンチャン勝てたやろ説(めんどくさなってきたから省略)

 

まぁ戦国大名浅井家は滅びましたか、お市と長政の血は天皇、総理大臣、征夷大将軍豊臣秀頼を輩出したわけやから血筋で言えば天下をとったも同然やろう

 

 

天皇陛下佳子様も市と長政の子孫やからね

 

 

 終わり