武功余話

ノンアフィ下ネタ多めの個人ブログ

明史日本伝の感想

この前明史日本伝のことかなり雑に書いたら何故かブログ内のアクセス一位になってしまいググったら上の方にあって怖い

 


f:id:bukouyowa:20170621134033j:image

 

しかも他人様の翻訳をわかりやすく書き換え個人的な意見を突っ込んただけのいわばパクりです(全裸土下座)

 

明史日本伝-秀吉の項ガバガバ訳01 - 武功余話

 

しがも続くと言っておきながら全くしていない。続きが面白いんやけどね

 

何が面白いかと言うと明史日本伝は1739年に完成したもの。対して邪馬台国について書かれた有名な魏志倭人伝(三国志の魏)は297年完成である。

 

割と最近の1700年代に書かれた中国歴史書ですらガバガバなのに200年代に書かれた中国歴史書を信用して日本の教科書に載せてええんかいと思ったのが率直な感想である

 

しかし都市伝説の怪文書レベルの薄気味悪い文章で書かれた当時の日本の姿は妙に面白い

 

後日書く予定ですが、秀吉は陸氏(陸遜とかの)の末裔で渡来人だと主張している文書もあって胡散臭さがたまらなく良い

 

一瞬ホワイトボードの前で解説つけてyotubeに無広告であげようかと思ったけど恥ずかしいから辞め

 

まぁ翻訳したものの翻訳ですが続けましょう

  

終わり